良い姿勢に戻すことの大切さ~その2~ | 西所沢駅から徒歩7分の愛泉道院 因泥接骨院
トップページ > ブログ > マメ知識 > 良い姿勢に戻すことの大切さ~その2~

良い姿勢に戻すことの大切さ~その2~

愛泉道院 大慶です。
前回に引き続き良い姿勢に戻すことの大切さについて
お話しをさせていただきます。

前回は姿勢を正す際の動かす順番についてお話ししました。
まだ、お読みいただけていない方は
こちらから
https://aisendouin.net/blog/knowledge/1540/

今回は姿勢と呼吸についてです。

姿勢を正しい位置に持って行く習慣があると
呼吸がしやすくなっていきます。

姿勢と呼吸???

良い姿勢を維持できるという事は体が無理なく
動きやすい状態ができるはずです。
体の動きとは何も筋肉・関節だけではありません。
人間には様々な機能が兼ね備わっていてその中でも
呼吸は姿勢ととても密接に関係しています。

呼吸については改めて書きますが
姿勢が悪いと呼吸の質も悪くなります・・・

なぜでしょうか?

それは横隔膜の動きが関係しています。
例えば、悪い姿勢の場合

みぞおちの赤丸と恥骨上の赤丸の距離は短く
お腹も窮屈そうですね。
この状態だと、深呼吸をしても横隔膜が上手く
動いてくれないので呼吸に関係する関節や筋肉が
硬いままになってしまいます。
これでは普通の呼吸の時には浅い呼吸ばかりに
なってしまうので呼吸の質も低下していきます。

良い姿勢の場合

みぞおちの赤丸と恥骨上の赤丸の距離が広く
お腹も動きやすそうです。
この状態だと横隔膜も動きやすいので深呼吸を
しても大きく吸い込むことができます。
普通に呼吸をする際も自然と質の高い
呼吸へと変わっていきます。

呼吸の質が良ければ、空気を取り込む際に使う労力も少なくてすみます。
それは疲労回復度にも連動しているように感じます。

普段から呼吸が浅く感じている方はぜひ姿勢をより意識して質の高い呼吸に変えてみて下さい。