成長期のケガの原因は体力?! | 西所沢駅から徒歩7分の愛泉道院 因泥接骨院
トップページ > ブログ > スタッフブログ > 成長期のケガの原因は体力?!

成長期のケガの原因は体力?!

みなさんこんにちは。愛泉道院の高橋です(^.^)

 

今回は、スポーツを行ううえでの「体力」の大切さと、ケガとの関わりについてお話したいと思います!

 

「体力」とは、一般的に持久力を指す言葉として使われることが多いですが、

実際には、人間の生命活動に必要最低限な力~日常生活やスポーツを行うために必要なあらゆる力を総称して「体力」といいます。

そしてスポーツには体力とは別に「技術・戦術」が必要になります。

ここで多くの選手が勘違いしてしまうのが、「体力」より「技術・戦術」が大事だと思ってしまうことです。

しかしそれは大きな間違いで、「技術・戦術」が「体力」を上回ってしまうと、結果体がついていけず、やがて“ケガ”や“痛み”につながってしまいます。

例えば成長期の選手に多い膝や肘の痛み、これらはほとんどが、筋力や柔軟性すなわち自身の体力が練習量や内容についていけずに痛みが発生しています。成人に多い腰痛なども同じメカニズムで発生しています。

特に成長期は、体の成長に合わせて体力も向上させていかなければいけないので、パフォーマンスを維持・向上させるには、練習量に見合った、またはそれ以上の体力が必要不可欠になります。

 

体力を向上させるには、ストレッチやトレーニング、食事管理など様々な取り組みが必要です。

ついついおろそかになってしまいがちですが、技術を向上させるには、基盤となる体力が必要不可欠であることを忘れないでくださいね!