捻挫 | 西所沢駅から徒歩7分の愛泉道院 因泥接骨院

捻挫

捻挫

捻挫は例えば、ジャンプの着地時に足首を捻ったり、自転車で走行中に首や腰を回したことで「骨と骨を繋ぐ関節が外力によって正常な関節可動域以上の動きを強制され、それによって靭帯や軟部組織を損傷してしまう」ことを言います。捻挫をしてしまうとその部分の関節は不安定になってしまうので周りの筋肉が緊張することで安定しようとします。症状をそのままにしてしまうと、筋肉が緊張したままになり関節の動きが制限されたり、痛みが長引いたりします。更には痛みを庇い体の重心が崩れることで体全体の歪みや捻じれを作る原因にもなります。

当院では一日でも早く競技や日常生活に復帰出来るようにお身体のケアと捻挫の予防のためのエクササイズもお伝えしております。